スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


感じる視線
2009年08月20日 (木) | 編集 |
感じる視線1

なんか・・・感じるのニャ。

誰か見てるのニャ。


感じる視線2

どこニャ。

感じる視線4

あ・・・やっぱり

ハピ、見過ぎ・・・


追記

昨日、娘と車でお友達のおうちから帰ってくるとき、また見てしまったのです。

ニャンコちゃんがひかれたあとを。

体や耳から血が出て、オメメも・・・飛び出て・・・

どうしようか・・・血が出てなければ、タオルをかけて歩道にずらしてあげたい。

でも・・・

家に帰ってすぐに、役所に連絡したけれど、すでに営業時間外。

そのあと近所の人も、その現場を見たと、その話になり。

予感的中でした・・・ときどきうちにも遊びに来るニャンコちゃんだって。ハピと同じ色柄の。

ただでさえ、せつない気持ちが、いつも見ていたニャンコちゃんだと知って、せつなさが倍増。

飼い主は知っているのだろうか・・・

近所の人が、たまたまそのニャンコちゃんのおうちの子供さんに会ったので、

僕んちのニャンコだと思うから、お母さんに伝えてねと言ったところ・・・

僕んちのじゃないよーって。

嘘つけおいっっっっっ

とは、思っていても子供相手には言えなかったと。

そしてそこで、大人ニャンコ3匹、生後わずかな仔猫ニャン4匹がいたのを目撃したと・・・

飼うなら外に出さないとか、

手術をするとか・・・

ホントに責任もてないなら飼わないでほしいです

今朝、仕事に行く前少し早めに出て、まだいるのか確認。

昨日の夜から娘が「ママ、どうするの?明日まだいるかな。あれからまた車にひかれちゃったかな。」

って、ずーーーっと気になって気になって。

せめてあれ以上傷ついていないといいな・・・と思いながら、恐る恐る通ると・・・

タオルに包まれて歩道によけてありました。

顔だけタオルから出ていましたが、暑さでかなりカラカラに。

役所に連絡をして、場所などを詳しく説明しました。のちほど回収車がくるとか。

でも、よかった。

心優しい人に、タオルに包んでもらって、あれ以上ひかれないように、歩道に運んでもらって。

素晴らしい人がいるんですね。世の中素敵なこともあるもんだとホッと心があらわれました。

そんな人間になりたい。

そんな素晴らしい方がいるのに・・・飼い主は子供から聞いたのか聞いていないのか、どうゆうことな

んでしょうか

自分の家族であるニャンコがもしそうなっても、たとえ遺体でも、おうちに連れてきて、

ちゃんと葬ってあげたい。そう思うのが普通なんじゃないんでしょうか。

昨日からの怒りがおさまらず、長々と書いてしまいました。

読んでいただいた方、長々お付き合いいただきありがとうございます。










にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
にほんブログ村


にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。