• 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


小さな命
2009年07月15日 (水) | 編集 |
仕事帰り、車を運転していたら、思わず『え・・・うそ・・・』って独り言を言ってしまった。


3車線の通行料の激しい道路の隅っこに、白黒のまだ生後2か月ぐらいであろう仔猫が横たわっていた。


少し遠めから見てもわかるぐらいの出血が見える。


ピクリとも動かない様子。


一瞬の間にいろんなことが頭をよぎった。


いつも車に常備しているブランケットで包んで、かかりつけの動物病院に連れていこうか・・・


でも、こんなところでどうやって車を止めようか・・・


でも、もう息がないみたい・・・


今日は今年一番とも言われた気温36度、アスファルトの温度って・・・


どうしてこんな車の多いところに出てきちゃったんだろう・・・もっと違うところにいれば、


もっといっぱい生きれたかもしれないのに・・・


何年か前に、出勤前にやっぱり轢かれた猫を見たとき、すぐに保健所に電話したことがあり、

でも、もう息がない猫などは、保健所の管轄ではなく、市の清掃局に連絡してくれって言われて。

何度もトラックや車に轢かれては可哀想だと、清掃局に連絡をしました。

そのときも、あとになって『もし飼い猫だったら・・・探してるだろうな・・・』とか、ずっとモヤモヤしてました。

今日もその記憶が甦り、何が正しい判断なのかが、わからなくなり・・・

結局は何もしてあげれなかった自分に苛立ち、またモヤモヤしてました。


いってらっしゃい

ママ、元気ないニャ?

うん・・・ママは今日、自己嫌悪なの

ねむねむ1

みんなこんなふうに幸せに暮らすことって、無理なのかな・・・。


モヤモヤした気分のまま、帰ってきた娘に、話をした。


『え?どうしたの?ママ、それでどうしたの?モモなら・・・少し遠くにでも車を停めて・・・


歩いて行ってブランケットに包んで病院に連れていく・・・息がなくても、連れて行ってあげる』


・・・思ったとおりの答えだった。


そうだよね・・・うん。


純粋な子供心で考えて出た言葉。


それが正解だったのかな。


白黒の仔猫ちゃん、ごめんね。


何もしてあげられなくてごめんね。


せめて、この世に生まれてきてわずかな時間だったかもしれないけど、最期を看取ってあげることが


唯一、私にできたことだったのかもしれない。


にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
にほんブログ村


にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
頭では分かっていても、気持ちはそうあっても
いざその状況を目の前にすると、人ってなかなか
思うように動けないものかもしれませんね。
自分がもし同じ状況にいたら・・・
何も出来ないかもしれない。
何か出来るかもしれないけど、絶対に出来ると言い切れません。
それじゃダメだと分かってるけど・・・
そういうとき、冷静な判断、行動が出来るように
心構えはしておかなくちゃいけないかな・・・
でも本当は、そんな風にケガをしたり命を終えてしまうにゃんこがいない事
それが1番ですよね。
2009/07/15(水) 20:54:49 | URL | ゆったん #T5cQRYBo[ 編集]
判断に迷うことは
ありますよね
あまり自分をせめないでくださいね
切ない話でした

今日はきびたろう君のところへ
いってくださり ありがとうございました
2009/07/15(水) 22:59:40 | URL | blue #-[ 編集]
辛いですね…
モモママ☆さんは悪くないですよ。自分を責めないで!
私も道路で猫の死体を見つけた時は悲しくなります。
せめて即死で苦しまずに逝ってくれたのならいいなと思います。
もしも交通事故に遭っても生きている子に出会ったら、
迷わずに救いの手を差し伸べられるかというと、私もあまり自信が無いです。
その時になってみないと、自分がどう行動するか分かんないです。
迷わずに答えを出せるモモちゃん,偉いし優しいですね(^_^)
2009/07/16(木) 09:15:50 | URL | yumiko #mFm0D4Pk[ 編集]
一瞬の間に色んな思いが駆け巡ったのですね。
運転中に瞬時に車を止めるってわけには行かないし、
かなり通り過ぎてしまってからだと戻るのも躊躇してしまったり・・・
モモちゃんの言葉、身に沁みます・・・
本当はそうしてあげたいとは思っても、状況によっては出来ない時もあるし、
どうか自分を責めないで下さいね。
子猫ちゃん、短い猫生だったかもしれないけど、
次に生まれ変わってくる時は、長生きして幸せな猫生を送って欲しいと
願うばかりです。
2009/07/16(木) 15:04:14 | URL | Chikaぽん #-[ 編集]
切ないです。
モモちゃんは優しい純粋な子ですね。
だけどモモママさんだってこうして子猫ちゃんのことをずっと気に掛けていてとても優しい方です。
それだけでも子猫ちゃんは嬉しかったはずです。
気にも留めないような人がほとんどだと思いますよ。

子供の頃、可愛がっていたノラちゃんが久しぶりにやってきて、近づいてきたら体が半分、車に轢かれたみたいにめちゃめちゃで・・・。ぎょっとしたのを今でも鮮明に覚えています。
部屋に入れて看護しましたが次の日には天国に行ってしまいました。
お外は危険がいっぱい。みんながちゃんとしたお家で暮らせたらいいのに・・・。
2009/07/16(木) 16:16:15 | URL | akane #kEawCMz.[ 編集]
わかります、気持ち。
私も運転中だったらきっと何も出来ない。
モモちゃん、優しいね。
今の純粋な気持ちを忘れず、このまま大人になってくれると良いね。
そしていつか、モモちゃんみたいな優しい気持ちの人で
いっぱいの世の中になったらいいのにね。
2009/07/16(木) 16:59:53 | URL | pigumii #-[ 編集]
通勤途中ではよくひかれてしまったニャンコを見かけますが
もうダメだな~と思いながら
なかなか車を止めることはできないですね

モモちゃんの純粋な心に・・・うたれました。


子猫ちゃんは飼い猫さんだったのか
地域猫さんの子だったのか?
わからないけど
こんな悲しい光景を見ることのない世の中になって欲しいです。
2009/07/17(金) 08:44:28 | URL | だんご #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。